【2022.09.25】
★やはり今起きているコロナを始め風水害や地震それに火山噴火までが人類に対する戒めと考えると説明が付く。明らかに大地が環境改善を模索した結果であろう。アメリカのイエローストーン火山噴火のように地球を寒冷化に導き増えすぎた動物を駆逐したように。要するに人類は長生きをしてはダメなのだ、途中で絶滅して再び新しい生命体の生まれるのを待つのが正解なのだ。スーパーコンピューターなど使わなくとも誰が考えても人類の繁栄は永遠に続く筈が無い。地球が巨大化した太陽に飲み込まれるのはまだ数万年以上先のことである、その間に再びd新しい生命誕生の機会はある。 戦争でも人間の命でも永遠に続くものなど存在しないということだ。プーチンは30万人動員と言いながら誰も正確に人数を把握できないことを知って100万人に赤紙(召集令状)を印刷していて、既に配布を始めたという。自分の愚かさと共に地獄への道連れに国民を同行させるつもりなのだろう。国民が反旗を飜し暗殺するならば今のうちである、世界に対して狂人を排除したことを誇りたいのなら直ぐにやるべきだ。日本でも同じ事件が先般起き社会の正しい道への復帰もようやく見え始めたところだ。 ★原油も80ドルを割ったしアメリカの株式も3万ドルを割った。明日は日本の株価も大幅に下げるはずだ。円安も近々反動がきて大幅高になることも予測される。1973年に変動相場制に移行してから早50年が経過した。僕が20代の頃にはまだ1ドル360円だった。アメリカとは大きな格差だったが、そのことに気が付いたのは僕が山中湖にキャンプに行った時のことだ。僕はキャンパーが誰でもテントを張れるキャンプ場で飯盒で飯を炊き缶詰1個をおかずにしていた。翌朝近くを散策してみると大型の外車が数台停まっていて、牽引してきたモーターボートを湖に降ろしているところだった、僕はこんな光景を見たことがなかったのでずっと見ていた。やがて数家族が一斉に数台のモーターボートに乗り込んで湖の中心方向に走り去っていった。昼近くにもう一度その場所に行ってみると大きな日除けテントの下でバーベキューを楽しんでいた。今考えればメインの肉は一度も食したことのない牛肉だったと思う。その頃から牛肉を食べたいと思いつつ始めてステーキとして食べたのがEXPO70(大阪万博)会場内のレストランだった。たぶん僕たちの世代では、加山雄三の「ハワイの若大将」を見てパイナップルを丸かじりしてみたいと思ったに違いない。

【2022.09.24】
★余りにも急激な気温の変化だ。昨日の最高気温は19度で今日の最高気温は31度だから12度も差がある。冬から夏に急激に変わった感じである、日本は確実に亜熱帯性気候になったから秋や春は極端に言えば無くなって夏と冬だけの気候になったのだ。 これだけの気候変化を目の当たりにしながら庶民も政府も企業も温暖化には全く無関心だ。それ処かゴミの分別程度でお茶を濁している始末である。ともかく人類が生きる上で不可欠な物以外は中止することを考えねばならない、それこそが享楽そのものだ。世の中で無くてもいいものは山ほどあるではないか、宇宙開発、スーパーコンピューターなど世の中の大半は無くても良い物だ。それとテレビ放送を6時〜22時ぐらいで全て打ち切れば日本の電力は余ってしまうだろう。今はスマートフォンで大概は代用できるのだから、それによって不要となるものを切り棄てるのだ。切ることは出血を伴うが当然であろう、苦難無くして温暖化防止など達成出来ない。 ★ロシアはウクライナの一部の州で併合の可否を伴う投票を始めた。だが投票所などは銃を持った兵隊と投票用紙を確認する担当者、反対と書いた人の名前を記録する者が付いているのだ。プーチンは国連憲章を始めあらゆる国際的な規約を放棄しているが、元々ロシア人はこうした考えを持つ人が多いのも事実だという。僕はロシア人に知り合いは居ないが、第一に思い浮かぶのは寒い国だと言う事、だから暖を取るためにウオッカを飲み続けてアル中患者が多いこと位しか思い浮かばない。たぶん一般市民はそのような事は無いと思うが、なぜか第二次世界大戦のシベリア抑留の事実を考えると国家的に何か間違った方向に洗脳されているのかと思う。 そう言えば韓国に亡命していた北朝鮮の男が数年経ってから再び北朝鮮に戻っていったという話も有る。それは余りにも自由すぎて靴を買うにも時間を掛けて選ぶのが面倒くさかったという理由らしい。子供の頃から親とか政府の思うが儘に洗脳教育を受けると中々抜け出せないのである。 統一教会の信者もオーム真理教の信者も殆ど同様で心の隙間があった人達であろう。例えば日本国民の殆どが信仰している仏教だって同様である。葬式も初詣もお盆も何から何まで昔から教え込まれた信仰からは抜け出せないではないか。 また株式投資にはまった人、パチンコに依存してしまう人など人間には心を思っている動物特有の弱さがあるのだ。

【2022.09.23】
★プーチンも万策尽き果て遂に国民に動員令を出した。先日行われたウズベキスタンでの習近平との会談で期待していた援助どころか懸念を表明されただけで国に帰った。それ処かインドのモディ首相に至っては「今は戦争の時代ではない」とまで言われたのだ。これでは狂気に走っていたプーチンも一瞬は正気に戻ったのだろうか。しかし戦争反対を叫んだ国民を収監し罰として「召集令状」を渡すことで狂気を取り戻した。 チャッカリしているのはインドや中国だろう、このドサクサのなかでロシアから石油をバーゲン以下の価格で買い込んで莫大な差益を手にしているのだ。プーチンより一枚上と言う事だろうか、元々プーチンは政治家ではない、スパイを家業としていたのだからこうした駆け引きには疎いのだ。 このドサクサにまみれてロシアの敗色が濃厚になったら北海道から自衛隊の大部隊を侵攻させて北方領土はもちろんロシア国土の1/5ぐらい占領したらどうか。そうなったらウラジオストック経由で海底パイプラインを建設して石油とガスを持ってくればいい。これは第二次世界大戦で日本の敗戦がほぼ確実になった頃に急きょ参戦して多くの捕虜をシベリアに送り北方領土を盗ったお返しである。しかし今のロシアの現状は古代ローマ時代を彷彿とさせるような時代錯誤がまかり通っているようでならない。プーチンは売国奴と言われても仕方が無い。 同じように日本で国葬が行われるという安倍も反日団体と手を組んで多くの自民党員を勧誘したのだから同じ売国奴と言われても仕方ないだろう。 世界から国葬に集まる国の多くの首相などは安倍から開発援助などと税金を貰った国であり、今後も何とか金を貰おうという根性が丸見えだ。 貧困度が日増しに深まる日本である、気軽に外遊して税金をバラ撒くぐらいならばお返しに石油の数年分を契約すべきだろう。ともかく援助資金は貧困国の政治家の懐に入る方が多いのだ。以前起きたペルーのフジモリ大統領が訴追されたのも殺人罪はともかく日本からの援助資金の窓口となり自由に采配していた。というのは本来ならばペルーの企業や労働者が受けるべき恩恵を日本企業が工事を請け負ったりしていた。この事に反発した人達が起こした事件が首都リマで起きた日本大使公邸人質事件だった。ここに集まってパーティーしていた顔ぶれこそこの事件の裏方の日本企業だったのだろう。

【2022.09.22】
★今日、統一教会の幹部とその弁護士が会見をユーチューブで見たが、その内容を聞いていると呆れることばかりであった。何も反省していないどころか、弁護士も多分信者だろうが高圧的な態度は嘘を隠す手段でしか無い。ともかく国会で真剣に議論して特に現職大臣については職を辞すべきだろう。統一教会の問題だけではなくオリンピック疑獄についても今後は金の行き先となっている国会議員まで特捜は捜査を続けるべきだが、その前に国会で自ら国の最高機関として良識の府としての責任を果たすべく調査委員会を立ち上げて徹底的に洗い出すべきだろう。 今後行われる大阪万博も似たようなイベントだから税金である資金の使われ方についても目を光らせるべきだ。大きなイベントや道路建設それにダム建設、更には高速道路建設など様々な大工事には大きな利権が絡んでいる。資金の流れや請負業者の選択についても目を光らせるべきだ。またこうした利権を見張るはずの公正取引委員会も当てにはならない、企業の側に立って話し合い、良いように決着を付けて天下り先としている可能性は否定できない。 なぜ精勤ある立場の者達が金に眼が眩んでしまうのだろうか?。たぶん金こそ全てという教育が悪いのだろう。何でも一番にならなければ..という下らない考え方の元で国民はどれだけ損をして居るのか判らない。その損失は年間で数兆円規模になるだろう。その一つにスーパーコンピューターというのもある、京だとか富岳だとかでどれだけの無駄な税金を投入したことか。それに使用目的が馬鹿馬鹿しい、5年後の温暖化予測だとか地球シミュレーダーだとか殆どが無用の計算ばかりだ。マスクをしたらウイルスがどのように跳び散るのかや、台風の進路計算にしても個人が趣味で開発したソフトウエアと気象データーがあれば数分で結果が出るのだ。しかも電気料は100円位だろう。現在のスーパーコンピューターの電力は小さな町全体の電力を賄えるほど莫大である事を考えれば、地球温暖化の計算することこそ温暖化の大きな要因となっているのは否めない。予測計算はともかくとして実行しなければ何にもならないということも考慮して、もう一度「事業仕分け」のために統一教会大臣に代わって蓮舫を採用するのもいいだろう。また文部科学省や理化学研究所の連中が青くなるに違いない。特に彗星のゴミを拾ってきて喜んで居る連中には鬼門の人材であろう。

【2022.09.21】
★僕は毎日欠かさずウオーキングをしているが、理由の一つは30年ぐらい前に医者から糖尿病であると診断されウオーキングを進められたことだ。しかし長続きはせずに時々歩く程度だった、その後家で犬を飼うことになり散歩のために毎日連れて歩いたのが功を奏した。約20年前から一年間に休むのは2日ぐらいで毎日歩き続けた。ほぼ毎日5〜7km程度だったが時には20km位歩いた結果、モートン病という足が痛くなる病気にもなったが靴屋でコンピューター診断した結果で中敷きを作り何とか有るき続けた。そして6年前に山佐時計計器という会社から「歩く遍路」という万歩計を買った。四国八十八ヶ所の霊場を徒歩で歩くと約1,200kmある。これを一周としてゲーム感覚で歩くのだ。購入時は高齢になったせいかとても体力的に一周するのも無理だと思っていたが、何と今日で10周の12,000kmを走破したのだ。毎日平均5km強歩いたことになる。万歩計を忘れたり電池切れで歩数カウントしない日も相当あったので、たぶん1ヶ月前には走破していたと思うが表示が12,000と出たのが今日だから実績にしなければならない。 この間には大雪の日あり豪雨や台風の日も有った、また今年の夏は35度近い気温でも何とか歩いてきた。正月元旦ももちろん休まなかった、こうなると意地である。途中で多くの人と知り合い、野良猫やヤギとも友達になった。 特に10年ぐらい前から野良猫家族と友達になって餌をやっていたが、やがて子猫が5匹産まれたが生き残ったのは一匹だった。そして親猫は死んでしまった。子猫も大きくなってやがて夫婦になって子供を一匹だけ育てて死んだ。今はその一匹が2歳ぐらいになっている。 犬が死んでしまった後はこの野良猫の餌のために毎日歩いくことになった。だからいま僕の健康を守ってくれているのはこの野良猫なのだ。 3年前にはこの猫の餌場の近くに3匹の子猫がダンボールに入れられて棄てられているのを見付けて家に連れてきた、この猫とは今も一緒に生活しているが、餌場の一匹の猫は野良猫の気性が染みこんでいるのかなつかないので野良猫のままだ。野良猫の餌は僕の健康を維持してくれる御礼である。 こうして野の道を歩き続けると鳥や花それに蝶も友達になれる。今日も台風一過少なくなった花の蜜を吸っているアゲハに出会った。更に様々な花の名前も覚えることが出来たが、これこそ自然が先生の授業であろう。 今、政界を揺るがしている統一教会事件やオリンピック疑獄事件も、人の常識を自然を通じて学べなかった者達の欲に満ちただけの犯罪なのである。

【2022.09.20】
★台風14号は各地に土砂崩落や洪水をもたらして去って行ったが、飯田市では雨風とも大した影響は無かった。総雨量もたぶん100ミリには達していない。南アルプス山麓の山小屋の監視カメラで見る限り河川の増水も普段の5倍程度の水量である(普段の水量は極めて少ない)。まだ付近は一昨年の土石流災害の復旧工事が続いているから、ここで大洪水となったら一部完成している道路や堰堤が崩れてしまうが助かった。 ★昨夜のエリザベス女王の国葬を見ていて一番驚いたのは霊柩車である。透明のボディーというのはともかく、何とロンドンタクシーだったからだ。本来ならばロールスロイスを改造して使うところだろうが違っていた。たぶんこの選択は女王自身が選択したものと思う。 20年ぐらい前に日本の自動車販売店で新車のロンドンタクシーを売っていて真剣に購入を考えていた。確か450万円位だったと思う、輸入元はミツオカ自動車だった。エンジンは何と日産のディーゼルエンジンだ。車の製造メーカーはオースチンで頑丈な構造で内部は広く身障者対応もされていたし、内部のドアロックなど要所要所はオレンジ色で客にわかり易く表示されていた。この車は愛好者はもちろん今も日本の各地の観光地や結婚式場で使われている。 日本とイギリスで最も違いがあるのがタクシーの運転免許だろうか。日本では二種免許があれば誰でもすぐに運転手となれるが、イギリスでは東大の試験ぐらい難しい。なにしろ客が指定した場所はどこであれ全て覚えなくてはならないのは当然だが、最も安い運賃のルートを選んで走行しなければならない。だからタクシー運転の免許取得には最低でも3年はかかり大概は5年ぐらいかけて合格するという。 そう言えば今思い出したが、僕が一人で名古屋に行った時に暗くなってしまったので栄から名古屋駅前のホテルまでタクシーを使った。しかし運転手は先日九州から名古屋に来て常務を始めて数日しか経っていないと言い行き先が判らなくて右往左往してしまった。交差点で止まった時に何やらスイッチを操作し走り出した途端に5台ぐらいのタクシーに囲まれて止まらされた。何とこのスイッチはタクシー強盗などが起きた時に屋根のランプを点滅させて廻りの車に知らせるものだった。運転手が降りて説明して何とか収まったのはいいが行き先が判らず地図を見ながら何とか辿り付いたが料金は500円にしてもらった。本来ならば貰いたいぐらいの災難だった。

【2022.09.19】
★いよいよ英国ではエリザベス女王の国葬が行われる。日本からも天皇陛下夫妻が招待を受けて出席する。しかし招かざる客もある、そのトップがロシアのプーチンだ、更にトランプも招かざる客として扱われている、これは当然だが他にもアフガニスタン、ミャンマー、シリア、ベラルーシ、ベネズエラの元首も招待されていないが、殆どがロシアの仲間である。北朝鮮イラン、ニカラグアは大使でいいという条件付きで参列が許されている。 すでに世界は2極に分裂しているが、最も怒りをぶちまけたのがプーチンである。女王とロシアは大戦でナチスと戦った戦友であるというのが理由のようだが、昨日の友は今日の敵なのである。 トランプも怒りをぶちまけている、トランプと女王の違いは何かというと商売人と貴族の違いだろうか。ともかく女王と他の元首とはオーラが違うのだ、それはテレビを見ていても判る。真に国民の幸福を願っているかどうかも放たれるオーラでわかるではないか。日本の首相や閣僚は単なる企業の回し者でありオーラなど存在しない。 台風の影に隠れているが台湾や沖縄周辺それに千葉県で昨日から今日にかけての地震も不気味で有る。 僕は9月1日にこのブログで書いているが、9月と3月は地球にとって極めて危険なシーズンなのだ。月の引力によってまん丸に見えている地球は楕円になっているほど影響を受けている。この引力の影響が最大値になるのが春分と秋分なのだ。過去に起きた大災害やテロ事件などはこのシーズンに起きているものが多い、これは月の引力が地殻だけでなく人間の深層心理にまで影響を及ぼしているからだ。狼男が出現するのも満月の夜と決まっているし、サンゴの産卵も同様である。サンゴはどうやって満月になったことを知るのだろうか?。渡り鳥の方向感覚のように誕生した時から受け継いだ過去のDNAがその方法を伝授しているのだろう。 我々人間も海に生きていた頃のDNAを引き継いでいる。サシミを旨いと思うのもその名残である。

【2022.09.18】
★昭和34年に潮岬に上陸した台風15号は東海地方に甚大な被害を及ぼした。気象庁の担当官の話ではその台風以来の大型台風だという。僕はその4年後から被害に遭った名古屋市南区大同町に住んでいた。大江−道徳ー大同町−柴田という鉄道沿線を良く歩き回ったが、店の方や知人から話を聞くとこの沿線も大きな被害を受けて、大同高校の校庭は被害者を荼毘に付す場所になっていたという。 特にこの台風は海抜ゼロメートル地帯に海から波が押し寄せて被害が甚大であった、この台風による死者は5千名を超えている。 僕は海抜1,100メートルの場所で生まれ育ったから、海抜ゼロメートルに住んでいる人が居るとは思わなかった。堤防があっても大きな波や津波が来たら浸水は免れない。 更に山麓の木を切り倒して宅地造成すれば土石流災害が予想されるのに、開発許可や建築許可を出した自治体もいい加減なものだ。この裏には当該地域の議員が関連する不動産屋とか建設会社が絡んでいたと推定される。要するに議員というのは地域の庶民の安全を守る義務が有るはずだが正反対の事をしているのだ。今回の統一教会騒動も安倍首相自ら悪徳団体の旗振りをしていたのだから呆れる。更に自民党の殆どの議員が絡んでいたという事実は見逃せない、芸能人で選挙に出た新人も自民党幹部に統一教会に連れて行かれたという。たぶん広告塔に向いていると思われたのだろう。 政治家ばかりでは無く芸能人にも統一教会の信者は多い。桜田惇子は有名だが、他にもネットで検索してみると驚くほど多い。最も有名なのはX−JAPANのボーカルTOSHIだろう、10億円以上貢いでしまったという。この資金はどこに行ったのか?。 アメリカで日本料理店を出店するには日本から材料の輸入をしなければならない。その食材をほぼ独占して輸入をしている企業こそ統一教会のグループ企業だ。アメリカで寿司を広めたのは外ならぬ統一教会だったのである。 トドの詰まりは1984年アメリカで脱税で逮捕され有罪となり収監されたのが統一教会のトップ文鮮明である。この事を知った安倍の祖父である岸信介はアメリカのレーガン大統領に釈放を要求する書簡を送ったとされる。要するに阿部一族は先祖代々に亘って信者以上の付き合いだったのである。この信者以上の付き合いのある者が国葬に値するかどうか、まともな人間なら判断できるはずである。山上徹也の裁判が始まるのが待ち遠しいではないか、安倍と統一教会の関係が白日の下に晒される日も近い。

【2022.09.17】
★諺に「大男総身に知恵が回りかね」というのがある。これは人間だけでなく企業や国家にも通じることだ。それがいま現実に起きている、ロシアは世界第二位の大国だと思っていたが、実は国土が広くて国民を弾圧しなければまとまらないだけの国だったのだ。もちろん中国も同様である、ロシアと同じように少数民族の国家を武力を持って併合している。軍隊が駐留して弾圧しながら何とか国家の一部になっているのだ。 イギリスも世界の半分はイギリス領となっていた時代も有った。黒人を奴隷としてかき集めて世界に売り飛ばしていたのも事実だ。人間を売り買いしていたのだからとんでもない話だが、奴隷となって世界に送られた人々の苦しみは半端ではなかっただろう。 大国というのはドッシリと落ち着いて見えるがとんでもないことだ。チョットした意見や具申がトップを動かして大変な事になる。ずいぶん昔の事になるが、北陸地方の某電力会社で社長が出勤する時に「最近短いスカートの社員が多いね」と喜び半分で言った言葉を側近が聞いて会議にまで持ち出して、挙げ句の果てはミニスカート禁止令が出たという事件があった。大きな組織ではトップの考えも従業員の考えも双方向で正確に伝わらないのだ。だから国や企業は意志の決定方法を古来からの方法で行っていたのでは時代遅れになってしまう。日本が世界から取り残されているのはこうした原因もある。今や日本は貧しい国の仲間入りだが、日本よりGNPの遙かに小さな国の労働者でも多くの人が湖畔にサウナまで備えた別荘を持っている。日本ではせいぜい都会を離れた一人暮らしが精一杯だ。それも自力で住むところを建ててのはなしだ。 こうして日本が世界から遅れて貧しい国になってしまったのは何故だろうか?。第一はアベノミクスの完全なる失敗である、成功と見せ掛けるために金をばらまいた結果が現在の状況を生んでいる。次が教育の間違いである。記憶力に頼った教育はバカを生産するだけだ、もっと現実を見て何がいま必要かを判断できる人材が居ないのだ。だから戦後間もなく決めた法律や規則を変えようともせず今もそれに従ってしか仕事が出来ない。国家公務員ばかり増えて、彼等の口癖は忙しいという言葉になっている。民間から裁判員を出しているのだから暇になった裁判官をなぜ減員しないのか。何を考えているのか全く判らない社会だ。

【2022.09.16】
★やはり女は強い。日本の100歳以上の高齢者9万人のなかで女性の占める割合は約90%だという。言い換えれば男性は100歳以上生きるのは難しいと言う事だ。考えてみるに健康で居るのならともかく薬漬けになってベッドで過ごすようでは長生きとは言えないだろう。 「憎まれっ子世に憚る」という諺がある、これは「嫌われ者が長生きする」ということだ。憎まれると言う事は、他人の事は気にせずに我が道を行く人と解釈したい。早い話が人の意見など聞かずに生きていればストレスが無くなって長生き出来ると言う事だ。日本人は他人はともかく友人や会社の同僚それに地域の人達に至るまで気にしすぎる。生活する上でのストレスはこうした身近な人達によるものなのだ。 いま世に憚っているのはプーチンのような独裁者であろう。彼は世界の元首の中で唯一自分の手で直接人を殺した人物でもある、例え癌になっても銃で撃たれても生き延びるに違いない。 ロシアはいま不穏な空気に包まれているという、先日ここで書いたがモスクワ市内の環状道路が封鎖されているというのは本当らしい。クーデターを阻止するための手段であろうが、いまロシアの様々な団体や議会がプーチンの戦争失敗に気が付いて辞任要求を出しているようだ。これらの民衆の行動も政権の終焉を迎えているからだろう。悪の栄えた試しは無いという、日本でも巨悪が殺害されているが..、悪の末路とは非常なものだ。ルーマニアの独裁者チャウシェスク大統領はクーデターが終わったか終わらないうちに夫婦揃って広場で銃殺刑にされている。この映像は世界に出回っていたから僕も動画で見たことが有る。 ともかく現在の社会は狂人によってかき回されている、核兵器が恐ろしくて誰も諌めようとしない社会だ。自分たちも大量の核兵器を持っているのだが、核戦争には踏み切れない。世界が滅ぶとか何とか言っているが保身の為だろう、たぶんアマゾンの奥地の原住民とかニューギニアの奥地の民族ぐらいは生き延びるだろう。そして人類の五欲を一掃した新しい社会が誕生するかも知れない。欲さえ棄てれば温暖化も戦争も無いのだ。

【2022.09.15】
★世の中は馬鹿の一つ覚えのように「カーボンニュートラル」を叫んでいるが、本当にカーボン(二酸化炭素)を減少させることが出来るのか?。政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指す宣言をしたが誰が考えても無理だろう。あと10年も経てば誰がこんな事を決めたのか信じられないということになるのは明らかだ。 若しも手っ取り早く実行するなら飛行機を電動化するか運行を止めるのがいい。世界中で飛行機は何万キロも飛行を続け、燃料のケロシン(灯油)を毎日ドラム缶数千本を燃焼させて成層圏に二酸化炭素をバラ撒いているのだ。こいつを蔑ろにしてカーボンニュートラルなど夢物語になる。 太陽光発電は電力会社が率先して行い主力の発電はソーラー発電か風力発電にするのはいいが大規模な環境破壊が付き物だ。これでは何にもならない。 最近は東京都が住宅用太陽光発電を義務化するという事が話題に登ったが、対象は殆ど無くて実効は皆無に近い。要は個人での対応は無理で企業を中心に進めなければならない。日本の企業は内部留保が500兆円もあるのだから当然であろう。それと内部留保に重税を課すことでカーボンニュートラルに参加させることが出来る。しかし大気圏に放出される二酸化炭素を誰が出したのかなど検証は出来ない。高額な税金を使って宇宙ステーションに滞在している暇人達にも宇宙から何とか監視できないか手法ぐらい考えさせるべきだろう。 僕が考えているカーボンニュートラルの効果的なものは気候変動そのものを利用する事だ。地球は余りにも汚れたことを察知して温暖化などの異常気候をもたらす。世界中で干ばつや洪水が頻発し、中国の国土の80%以上が砂漠になる。食糧不足で人口は急速に減少しエネルギー消費も大幅に減る。更に人々は食料に困り享楽行事(サッカーや野球、オリンピック)など見向きもしなくなるのだ。汚職や贈収賄も無くなり社会は正常な姿を取り戻すとのは必至である。これこそが空前絶後で最良の解決策である。

【2022.09.14】
★温暖化で南の海では台風が3個も発生した。これも温暖化に対して政府も庶民も何の対策もしないどころか、かえって税金を使って加速した結果である。例えばこれから実施するという「全国旅行支援」もこの最たるものだ。人が移動するという事は、車、電車、飛行機など大量に温暖化ガスを排出する手段を使う。それと旅行支援をしても普段儲かっている高級ホテルは潤うだけで本当に困っている地方の旅館は閑古鳥だ。こういう旅館を助けるならば規模の小さな旅館ほど支援金の率を上げるべきだろう。安倍政権と同じで金持ち優遇政策の延長政策でしか無い。 テレビを始めとするマスコミは興味本位で視聴率が上がれば温暖化など知った事では無い。深夜まで下らない放送や公共の電波を使って効きもしない飲み物の宣伝までしている(薬ではなくて飲み物だ)。電波は国民の財産である、電波法では外国人には電波の割当は出来ないことになっている。しかし先年起きた事件のように総務省の役人が外人が拘わっている会社が衛生放送の電波を得ようとして数十回に及ぶ接待を受けていたのだ。もちろんこの会社は国会議員の子息も拘わっていたのだから困ったものだ。 今日の日本列島は真夏の暑さである。我が家の三匹の猫たちも涼しい場所を見付けて徘徊していた。この暑さは既に蟻地獄に落ちた全世界に共通するものだ。 暑いからエアコンを入れないと熱中症になるから入れろという。エアコンを入れたら電力の消費量にプラスαした熱を排出する。こうなると気温もあがるから一日中エアコンを回すことになる。こうした負の連鎖からもう抜け出せないのだ。 地球はある日突然に怒りを露わにする、それは気温上昇などと言うレベルの物では無い。ある日まるでコロナの感染者数のように指数関数的に気温が上昇するのだ。もうエアコンで対応することも出来ない。人々は先を争ってトンネルや地下空間に逃げ込むが、そこも高温になり逃げ出さねばならない。野菜や米は全く収穫できなくなり食糧危機も訪れる。地球は穴を空けたり放射性物質を埋めたり何をしても怒らないと思ったら大間違いだ。平成30年9月6日に起きた北海道の厚真町を中心とするマグニチュード6.7の地震は付近の山の殆どが山体崩壊を起した。この原因は近隣で行われた地下掘削が引き金になったとも言われている。地球は生き物である事を知るべきである。

【2022.09.13】
★デジタル大臣まで出来ているというのに、日本はまだまだ中国や韓国それ処かウクライナにも達していないデジタル後進国だ。僕が時々行っている地元のスーパーではレジでカード決済する人は30%以下だろう。 国が鳴り物入りで進めているマイナンバーカードも普及率はまだ半分以下だ。金を付けて入ってくれと懇願しても振り向きもされない。何故なら先を予測した教育が為されていないことと、カードの対する危機意識が半端ではないのだ。要するに国民は国など信用に値しないとみているからだろう。 では日本本土で戦争が勃発したら総理は自らその前線に丸腰で行くことが出来るか?。そして適切な作戦を立てて自衛隊を指揮し国土を守り国民を守りきることが出来るのか。たぶん今の国会議員のバカ者達は逃げ惑うばかりであろう。 ともかくロシアのプーチンと仲良くして北方領土の全面返還を二島返還に縮小した話を出したのは安倍である。要するにプーチンにゴマをすりに行っていただけの外交だったのだ。あのような狂人を相手に友達と呼ぶような総理の国葬は如何なものか、キツイ言葉を使えば売国奴と言うしかない。 いまプーチンは追い詰められている、ロシア地方議会ではプーチンを国家反逆罪で訴追しようという議案が賛成多数で可決されたともいう。今後プーチンは自らの病だけで無く暗殺者からも怯える日を送ることになる。 平家物語の冒頭には「盛者必衰の理をあらわす」と書かれている。そろそろ日本の自民党政権も下野する時が来たのだろうか?。それにしても野党は共産党を含めバカ者ばかりになってしまった。共産主義に洗脳された信者の応援で当選したヒモ付き議員ばかりでは何も先には進まないではないか。共産主義でも資本主義でもどちらでも庶民には関係無い、ただ特権階級が警察や軍隊を牛耳って庶民を抑圧し自らの利益や利権の為の政治に確実に落ちていく。これが問題なのだ。甲子園球場で母校の応援に出向いた県会議員が、あたかも自分は特権階級であるが如く錯覚し、タバコは吸うわ酒は飲むわの観戦でマスコミに追われている事実がそれを証明している。要するに県民はそういうバカを県議として選んだのだ。しかし他の県議も似たり寄ったりで、たまたま暴かれないだけのことだ。煙草ぐらいでは無くゼネコンや土木会社から接待を受けたりしている者達は山のように存在していることを知っておきたい。

【2022.09.12】
★ウクライナ軍はロシアに占領されていたイジュームなどの都市を始め広大な土地(3000平方キロ)を奪還し、更に進軍しているという。先日夜のネットでモスクワ市内の道路が封鎖されたという情報が入った。確認は取れないが、事実ならばプーチンが襲われたのかそれとも殺害されたかだが?..。ともかくウクライナ戦争の関連情報はイギリスを始めアメリカなどの情報機関や研究所から絶え間なく発信されている。その後ウクライナから発信された情報によると、ロシアでは密かにクーデター計画が進行しているという。だからモスクワ全体を守る必要があると言う事で道路封鎖の信憑性も高くなる。 また別の情報(英紙ザ・タイムズ)によるとプーチンは血液の癌を患っていて、最近は特に病状が悪化しているという。 ともかくロシアのウクライナ侵攻は失敗した、今年中には終戦になるであろう。 ロシアの敗戦ともなれば戦争責任や戦争犯罪それに巨額の賠償金を背負わなければならない。 更に世界からの制裁もあって国家として存続できるのかさえ疑問である。ここでも苦労するのは一般庶民である。 日本も第二次世界大戦の開戦から敗戦まで300万人以上の国民を犠牲にされて、最後に苦労したのは貧しい一般国民である。庶民は路傍の草まで食べて生き延びてきたのである。そして今、庶民の稼いだ金を税金として盗られ、利権の為に使い果たし、物価上昇と安月給、更には年金減額と苦労しているのは貧しい一般庶民なのだ。それでも馬鹿な国民は自民党一本槍で健全な野党を育てることを忘れてしまった。馬鹿は馬鹿なりにバカにされて生きるしか無いと言うことをそろそろ感じ取る事は出来ないのか。 しかしロシアとウクライナの戦争を見ていると第二次世界大戦時のレベルと殆ど変わっていない。多少なりドロ−ンが活躍したぐらいだろうか。同じように人間の脳味噌も100年前と全く変わっていない。

【2022.09.11】
★まだ起訴もされてないのに安倍を襲った山上徹也容疑者に対して減刑署名が既に1,200人を超えていてまだまだ増えそうだという。彼の家族は1億円を超える財産を統一教会に持って行かれて家族全体が崩壊してしまったのだ。その後押しをしていたのが安倍自民党総裁であり200人を超す国会議員だったのだ。如何に選挙に勝ちたいと思ったとしても、やって良いことと悪いことが有る。既に最高裁で統一教会の勧誘の違法性は決定しているのだ。こんな事も理解出来ずに関係を持って居たり、集会に参加したりしたのだから彼等に反省する気があったら山上徹也の減刑の嘆願書を出すのが当然だろう。 7月27日の産経新聞によると、山上徹也減は奈良県警の調べに対し、安倍への謝罪や反省の言葉は一切無いと言うが当然と言えば当然であろう。殺すほど憎かった者に謝罪など出来るはずがない。 彼の行動は殺人という行為を無視すれば日本の政治の救世主とも言えることが最近の贈収賄政治の実態から見て妥当であろう。 その犯罪のトップに君臨していた言わば容疑者を国葬にするなど常軌を逸した行動としか思えない。 この事件を契機として日本の贈収賄政治と天下り、それと様々な利権団体との癒着政治に区切りを付けたいものだ。 真夏に選挙カーの壇上で汗をかきながら嘘八百を並べて演説することも厭わないのも、こうした裏金が飛び交う世界に入り込みたいという願望だけで、国民のことなど全く考えていない証拠であろう。 僕は誰かが選挙に出ようと考えた時点から全員がこうした利権の餌食になったのだと考えている。 N党の党首のように明確に公約を実施している議員など誰一人居ない。党議拘束は議員の個人的な意見など政治には反映されない仕組みなのだから、議員の数は全体で50名もあれば十分だろう。更に参議院という馬鹿者集団も今や何の価値も無い家畜に等しいものになった。若しも何か国民のためになる事を発案したのなら堂々と公表してみよう、未だ何一つないことに何か感じないのか?。税金から給料を貰っていることに反省も無いのか。良識の府どころか税金を使ったドブ池である。

【2022.09.10】
★円が急落してガソリン価格の上昇が危惧されるが、このところの原油価格は1バーレル86$前後まで下落している。その為にガソリンの価格の上昇が抑制されているのが現状だ。要するに良いこともあれば悪いことも有る世の中なのだ。 1000品目を越す値上げの波は第何波になるかは判らないが、たぶんコロナの7波を超えていると思う。ここで気になるのが便乗値上げである、監督官庁の消費者庁がどれだけ監視しているかと言う事だ。ネット上には「便乗値上げ情報 消費者受付ウェブ窓口」を設けただけでほったらかしにしてあるが、職員が企業や市場に出掛けて調査しているのか。あのミシュランでさえ「食べログ」のために職員を隠密裏に飲食店に派遣して現場調査をしているのだ。暇な消費者庁の職員にその暇さえ無いのか?。自分たちの仕事は喫茶店で談笑して時間を過ごすことでは無い。 ともかく政治家は統一教会問題で馬鹿呼ばわりされるだけの存在になり誰も現場に出向いて調べようなどと言う欠片もない。統一教会と関係した議員には国会、地方を問わず5年前に遡って給与を返済させるべきだろう。そして安倍を殺した山上徹也のような家庭の修復に寄与すべきでは無いのか。それが公人としての最低の勤めである。それも出来ないようなバカ者はすでに議員であって議員ではない、あらゆる議決には参加する資格など無い。 温暖化の抑制策も首相が原発再稼働とか新設という発言で何か対応したかのように思えるが、実は正反対である。原発を動かせば確かに地下資源は使わないが、その100倍の危険な放射性物質のゴミが出て来る。巨大な穴を掘って埋めるには莫大なエネルギーと税金が必要であるが、これにも巨大な利権が潜んでいる。 なぜ車の台数を半減するような政策がとれないのか?。観光バスの会社は一社で10台を限度にしたり、タクシーも一日の走行量の上限を決めたり、新車の税金を今の10倍ぐらいにすること、そして10年以上使っている車には減税処置を講ずれば新車の製造台数も減る。今やっている事は真逆でありCO2を増やす事にしかならない。電気自動車にしたらどれだけCO2が減るのか、高校の研究問題として競わせたらいい。○○甲子園などと言うのはもう過去の話である。今後はもっと現実的な問題にチャレンジさせたり行動しなければ若い君達の未来は無いのだ。

【2022.09.09】
★世の中には「雲泥の差」とか「月とスッポン」とか物事の差異を現す諺がある。それが昨日亡くなった英国のエリザベス女王の国葬と日本の安倍という統一教会という派閥のトップの国葬との違いだろう。 僕はイギリスのことについては詳しくないが、若い頃に見た映画「ローマの休日」の主人公はまさに若き日のエリザベス女王ではないかと今も思っている。大胆で気さくな女王の写真で最も記憶に残っているのは、バッキンガム宮殿を抜け出して柵を乗り越えて競馬場に入った時のものだ。こうした行動が英国の母として慕われた原因であろう。 それに引き換え後を継いで国王となったチャールズ皇太子の人気が思わしくないのが気になる。やはり英国王はエリザベスでなくては話は先に進まないのだ。 しかしビクトリア女王であろうがエリザベス女王であろうが、人に与えられた時間は有限である。 ポツンと一軒家で暮らしている老人も、東京の白金台や田園調布それに成城に住んでいる老人も神が与えられた時間は有限なのだ。 だから僕は人格を持った神が居ようが居まいが神は公平だと思っている。 だから20歳で亡くなっても96歳で亡くなっても平等なのだ。アインシュタインも「神はサイコロを振らない」という考えをこの事象に当て嵌めれば良かったのではないか。寿命は神がサイコロを振って決めたことでは無いと言うことだ。 そこで命の時間になぜ差異が生じるかという疑問が残るが、解釈を命全般で考えると、例えば人間の脈拍数は1分間に60〜70回、犬や猫は1分間に約140回、ネズミの心拍数は400回となっている。この脈拍数こそそれぞれの動物の一生の時間経過を決めている真の寿命時間なのだ。要するに犬や猫は人間の一日を倍以上の時間に感じて生きているのである。この理論は殆どの動物で当て嵌まるから、動物たちもその時間に満足して死んでいくのだろう。しかし事故や病気で亡くなった人はどうなるのか?。大いに疑問が残るが、人生何年生きていても半分は苦労し、後の半分は普通に生きているとしたら、何歳で亡くなっても平等だと考える事が出来るではないか。

【2022.09.08】
★ビートタケシの漫才で「赤信号みんなで渡れば怖くない」という流行語になったギャグがあった。まさかこんな事をする者などなかろうと思っていたが、今になってやっと姿を現してきた。自民党の国会議員の連中がそれを実行したのだ。呆れ果てて文章で表現のしようも無いが、ただ言えるのは「バカ者たちめすぐに辞職しろ」..これぐらいだ。こんな連中の作った法律など誰が守るのか?。安倍の国葬は犯罪者を祭り上げて自身も浮かばれようという小汚い犬の遠吠えであろう?。 ともかくこれが日本国民が選んだ国会議員の姿である、せいぜい反省すべきであろう。あとは資金提供された者も居るはずだから特捜部で選挙違反についても調査を継続すべきだ。 ★73歳の保育園長が運転していたバスに子供が取り残され死亡した事件は単なる不注意では済まされない。明らかに業務上過失致死以上の犯罪が潜んでいる。以前も同じ事件があったが彼らはそれをどう捉え対策を検討していたのか。たぶん何もやっていなかったのだろう。この保育園を認可した県は一年に一度ぐらいの立入検査も怠っていたのだろう。要するに北海道知床の観光船沈没事故と同じで、監督官庁がサボっていた事が事件の素因になっていることも考えたい。監督官庁というのは事故に対する責任の一端を背負っている筈であり、単にハンコを押して認可して後は知らん顔では認可の意味が無い。監督官庁は喫茶室で談笑などしている暇など無いはずだ、時間を有効に使って検査に赴くべきだろう。 これでは国も県も市町村も統一教会の家来と同じでは無いか、何なら給与も教会から貰ったらどうか。ともかく国会議事堂は日本の馬鹿の集う場所になってしまったということだ。 73歳の園長のバスの運転というのは本当にいいのか。国国会議員なら考えてみよう、若しも運転ミスでダンプカーと衝突していたら乗っていた園児が全員死亡することも考えられる。車に他人を乗せるには65歳が限度だろう、君たちも例えば78歳の運転する観光バスに乗って1泊2日の観光旅行に出掛けるか?。大事故が起きる前に観光バスを始め送迎バス等の運転は最高でも65歳過ぎたら禁止するよう即刻法改正をすべきだ。

【2022.09.07】
★何もかも異常な毎日が続いている。友人からのLINEでは庭の石楠花が開花を始めたというではないか。石楠花は春に咲くのだが、このところの日本という国の異常さを見るに付け怒りと共に咲いたのだろうか?。政治も警察も腐りきってしまった日本だ、今更国防費を増額して軍備拡張することも無かろう。 総理はコロナ感染で自宅待機中にリモートで今迄自民党が口に出さなかった原発の再稼働と新規建設を言ってのけた。これも参議院選挙で勝ったという土台があってのことだ。未だに福島第一原発の廃炉処理も見通しがたたず、処理水を海に流そうという最終的な計画もどうなることか。たぶん原発関連で電力会社に徴収させている数千億円の札束で漁業関係者を黙らせるのだろう。 原発建設の利権はオリンピックどころの話では無い、何十年も原発稼働中はその利権は失われないのだ。例えば原子力発電所の敷地内の草刈りまでその利権は及ぶし、新規に原子力発電所を建設するともなれば、高速道路は通すし新幹線も引っ張ってくるのは朝飯前だ。この利権は国レベルではなく県や市町村議会にまで及ぶ。まごまごすれば地域の自治会長とか資産家にまで及ぶ。要するにこれも札束でぶん殴って図面通りに実行するということだ。 例えばリニア新幹線の建設でも静岡県知事の発言内容が最近変わってきたのも自民党JR議員の圧力と旨い話のせいかもしれないということだ。 この世の中の大半はワイロで動いている、政治と言うだけで無く近所付き合いも酒一升とかいうワイロで丸く収まっている場合が多い。ワイロという潤滑油が無かったら世の中は揉め事だらけになる。しかし、それでいいのか、オリンピックのように全ての物事が数千万円から数億円というワイロで成り立って居るとしたら..庶民の税金はこのように毎日ドブに棄てられるのだ。

【2022.09.06】
★次々に逮捕者が出ている利権オリンピックだが、まだまだ4兆円のカネの行き先は不透明である。今度は建設関係にメスを入れなければならないだろう、オリンピック費用の大半はゼネコンが絡んでいる。とうてい5千万とか6千万という金額では無いだろう。10億単位の金がどこかに流れているはずだ。オリンピックというものは犯罪である、選手も含めて犯罪に手を貸したことになる。いい加減に税金を使ったデタラメな大会は止めようでは無いか。選手も単に自己満足だけのことだから、鍛えたければ個人的にやればいいだけのことだ。オリンピックの罪は贈収賄だけでは無い、大勢の人が往来し地球環境にとっても過酷な犯罪である。古い家を処分するために火を付けて数百軒焼いてもオリンピックほどのCO2は出ないだろう。更にあたかも日本を代表して戦っているように振る舞うのもいい加減にしたらどうか。選手が思い上がっているとは正反対に大半の国民は無関心なのだ。1位になっても何の生産性も無いのだから単なるエネルギーの無駄としか評価出来ないではないか。オリンピックは国会議員の収賄の源なのだから、如何にコロナウイルスが蔓延しようとやらなければならない理由が判っただろう。既にカネを懐に入れてしまった以上は何が何でも実行する、国民がコロナで死んでも実行するという根源はここにあったのだ。 だいたい世界の平和とか友好についても何の意味も持たない。それはプーチンが招待もされていないのに北京オリンピックにノコノコとやってきたことでも判るだろう。プーチンはこの機会を利用してウクライナに侵攻することを習近平に言いに来たのだ。当然協力も要請したであろうし2日で終わらせるとも言っただろう。しかしパラリンピックが始まっても終わらなかったから習近平はロシアと距離を置くに至ったのだ。オリンピックは戦争にも利用されていることが判れば善良な選手諸君も出場について少しは考えるだろう。それでも出場しようというのはスポーツ団体に洗脳されていると言う事だ。いい加減に選手も国民も目を覚ましたらどうだ。 アメリカは干ばつに襲われ、インドは灼熱、大雨に大洪水、どれも温暖化の結果である事は明白だ。その原因はやらなくても済むことに莫大なエネルギーを使った為なのだ。テレビでオリンピックを観戦しているような諸君は自分たちの行為が洪水を引き起こしているのだと今更ながら悟るべきだろう。野球やサッカーを観戦している諸君も家が水没しても自業自得なのだ。

【2022.09.05】
★ロシアの狂人達の宴も今年中には収束すると思われる。既にロシア兵は戦意を喪失しているというし、補給路もズタズタになっているようだ。それ処か原子力発電所を楯にして立て籠もり、自ら原発にロケット弾を飛ばしている。若しも原子力発電所の格納容器が1基でも破壊したら日本の福島第一原発と同じ運命を辿ることになる。放射能はロシア方向に流れて行くというのが大方の見方だから、たぶんプーチンはこの原子炉の放射線を使って癌の治療でもしようというのだろうか?。狂人達のやる事は全く判らないし世界の人々にも理解できないだろう。例えどんな形で戦争が終わったにせよ多くのロシア軍幹部とプーチンは戦争犯罪の裁判に掛けられるか、それともロシア国民に私刑(リンチ)にされるかのどちらかだろう。プーチン亡き後のロシアは安倍亡き後の自民党より大変な事になる。抑圧されていた数十の少数民族が一斉に蜂起してクレムリンに向かうだろう。その後ロシアはバラバラになって国家という体裁すら無くなる可能性もある。問題なのはその後の核兵器の扱いである、どこかの少数民族の手に落ちたらザポリージャ原発どころの騒ぎではない。こうして大国は行く行くは末期を迎えるのだろう、その後はインドやイラクそれに中国も同じような運命を辿るに違いない。なぜなら、こんな場面で国際協調などないからだ。 世界は核兵器を使わなくとも各国の原子力発電所を数カ所が破壊されれば地球上は完全に汚染され、ゾンビのような人間が徘徊する社会になる。 なぜ近代社会にこのような事が起きるのかと言えば、指導者と言われる者達の狂気が原因だ。プーチンを見れば判るだろう、彼の横顔は彼の大嫌いなヒトラーにそっくりになって来た。日本の国葬になるという者も似ている。この国葬にするというのも明らかな狂気であろう。彼の犯罪を全て調査し解決した後に自然葬でも樹木葬でもやればいい。 マスコミが忖度した結果の支持率調査が公表されているが、いまだに40%もの庶民が支持しているというのは国民自体も狂人に洗脳されゾンビ化しているのだろうか?。

【2022.09.04】
★政府は円安によるガソリン価格の高騰を補助金で何とかしようとしている。それも石油の元締めに対して補助するというのだ。これこそが税の使途に対する大きな間違いなのだ。大企業のなかで補助金が正当に使われる保障も無いし、どれだけ価格に反映されるかも判らない。価格を下げるなら簡単に揮発油税を減額すればいいだけのことだ。元々ガソリンの税金は高速道路建設などに使われているだけだ。今は少子化の時代である、自動車学校を見れば今後の事は予想できるだろう。要するに道路を使う人は減っているのだ、だから道路に投資する必要はないということだ。この揮発油税でどれだけゼネコンの懐に入り、自民党に環流しているのかも定かでは無い。道路建設は庶民の便宜のためでは無い、多くの利権を全うする手段でしか無いことを知っておくべきだ。こんな事業にガソリン価格の半分を持って行かれたのではたまったもではない、庶民はもっと価格高騰に意見を述べ監視すべきだ。 日本の人口が1億人を割るのは時間の問題だが、言い代えれば人口が多すぎるための是正が働いているのだ。日本の国土からすれば江戸末期から明治にかけての人口約5千万人ぐらいが最大であり適当だろう。 今日の澁谷の交差点のを混雑状況を見てみよう、何をしに移動しているのかは判らないが蟻の巣をほじくったような混雑ぶりである。こんな無駄な行動をする人達が減少すれば二酸化炭素の排出量も激減する。 無駄と言えば今日もあった、自転車レースで坂道を猛スピードで駆け下りていて転倒し大勢がケガをしてドクターヘリまで出動したというのだ。何が無駄か諸君には判るだろう、目的も無く生産性も無くただ1位になるために走る無駄だ。若しも数百人が自転車で健脚を競うなら車輪に付けた発電機を回して発電した量を競った方が生産性もあるし怪我人も出ないだろう。これからの社会を考える時に、こうした無駄を排除しなければ何も解決しないと言う事を知るべきである。

【2022.09.03】
★まるで真夏のような残暑である。先日から少し涼しくなってきたので生き延びたと思っていた高齢者も今日の暑さは身体負担が大きい。高齢者にとって最も危険な季節は春秋のお彼岸の月だろう。ここで気候が急変するからだ、暑ければずっと暑い方が身体負担は少ない。 夏はアメリカも日本も殺人事件が多い季節だ、ニューヨークの夏は毎日拳銃で撃たれて死ぬ人が多かった。日本も凄惨な事件が多く発生しているが、警察トップが辞任するような事件もあったが、また刑務所で重要事件の犯人が独房で自殺するという事件が有った。明らかに監視不行き届きだろうと思われる。刑務所の重要な仕事は自殺を防ぐことだ、その為に様々な監視体制が敷かれている。これでは所員が酒でも飲んで寝ていたと思われても仕方なかろう。刑務所長は当然辞任で更にその上司や警察関係にも辞任願わねばならないだろう。辞任というのはほぼ途中退職みたいなものだ、本来ならば懲戒解雇であろう。国のトップである総理始め省庁の役人の全てがまるで60年前の無責任時代に居るような錯覚をしていないか。そうだ、60年前は無責任と言われていたが、サラリーマンも社長もみんな責任を持って仕事をこなしていたものだ。 いま若者に昭和の歌が持て囃されているようだが、歌の内容とは相当乖離していると思って貰いたい。しかし昭和の歌は素晴らしかった、作詞家はそれこそ有名な詩人が書き下ろしていたし、作曲家も今でも名の残る人達だった。例えば西条八十はフランス文学者であり詩人であり作詞家だった。作曲家も古賀政男を始め服部良一、古関裕而、 吉田正など名曲を残した大作曲家である。 なぜ今の唄が心に残らないかというと、作詞は機械的にすることが多い、昔の詞の中から雨とか別れ、夜空などの単語をコンピューターに覚えさせて、それらを合成して作ることが多いのだ。心に残らないのは当然である。 その後もフォークソング時代までは素晴らしい人材が活躍していた。しかしAKBの時代になってからは覚えようという唄も無ければ聞いても直ぐに忘れる唄ばかりになってしまった。それと最近は消えてしまったが、ムードコーラスというのも良かった。恋に敗れて川の畔で歌うにはこれしかない。

【2022.09.02】
★それにしても自民党議員も総理もいい加減にしてもらいたい。今更アンケートもないだろう、知らなかったでは済まされないということだ。統一教会は既に2001年に最高裁によって違法性が認められている団体なのだ。こんな連中とタッグを組んで日本の政治をネジ曲げていたのだ。スパイであり売国奴でもある連中をこのまま野放しにしておいたのでは日本の政治と正義は取り戻せない。中には経済再生担当の山際大志郎のようにネパールまで出向いていて忘れたなどと言っているのは記憶喪失者である。こんな奴に国政など任せられるわけが無いだろう。 日本の国民も馬鹿揃いだ、未だに内閣を支持している者が一人でも居るというのは解せない。何も判らない18歳以上の青年に選挙権を与えてまで自民党票を集めようという魂胆も法に違反する。閣議決定でネジ曲げた張本人は殺されたが、まるで暴力団抗争の如き殺人劇だった。 安倍という下水のマンホールの蓋が吹き飛んだことで様々な悪事が吹き出し露見している。森友.加計問題もこれからどんどん追究すべきだろう。文書を書き換え指示した張本人が税務長官になるなど驚愕の人事も阿部の指示によるものだろう。こんな指示を受けたら官僚は正義に則って例え総理であっても諌めるべきであろう。阿部一族に籍を置く国会議員はこの際全員辞職したらどうだろうか。犯罪を知っていて黙認した者は共謀罪に当たる。だから清和政策研究会に属する議員は全員が責任を負うべきなのだ。今の円安や物価高はロシアの戦争のせいでは無い、アベノミクスの経済成長の偽装工作によるものなのだ。独立性を持つべき日銀の黒い人脈と結託した事が原因である。日銀総裁も仲間として引責辞任が望ましい。オマケに個人の財産没収というのも面白かろう。一文無しになったらどうなるか体験させるのも罰のうちだ。 最近はコロナで自宅療養中に支払われる保険も業界からの損保議員への懇願で見直されるという。仕事にも行けず病院にも入れない人の保険を減額してどうなる。この際損保会社は自社の巨額な社内留保資金を崩してでも応援すべきであろう。このようにまだまだ癒着政治は収まらない、無法国家の汚名もまだ棄てることは出来ない。

【2022.09.01】
★大事件が起きるのは何故か3月と9月が多いような気がする。今日を防災の日と決めたのは1923年(大正12年)9月1日の午前11時58分に関東大震災が起きた記念日なのだ。行方不明者は約10万5千人で、日本の自然災害史上最悪の数字である。御嶽山の噴火も過去のデータから9月が多い。東日本大震災も3月11日に起きている。 更にアメリカの貿易センタービル(ワールドトレードセンター)の崩壊も9月11だった。地殻も人心も何かこの時期に変化しているのでは無いか。 考えてみると、この3月と9月はお彼岸である。冬至と夏至の中間点に位置していることに注目して考えてみた。これは明らかに月の引力と関係しているのではないか?。狼男が出現するのは満月の夜だし、サンゴの産卵もほぼ満月の夜に行われる。女性の生理も月経と言って月に関係している。地球の海の干潮や満潮は月の引力によって引き起こされる。 このように3月と9月は一年の鬼門の月のような気がしてならない。 地球はまん丸だと思っている人が多いと思うが、現実は楕円形である。この歪みも月の引力によるものだ。もしも月がなかったら人類を始めとする生命の存在も無かったと思われる、それほど月の影響力は大きいのだ。 今日も馬鹿の話を書かねばならない、ここで何度も指摘しているのが気象庁不要論である。今年の梅雨明けの宣言が早すぎたので修正するのだという。これこそ馬鹿の見本だ、梅雨入りなど気象庁に言われなくとも判断すれば判ることだ。庶民がそれを信じたり従うことなど有り得ないのだ。それを一方的に宣言して間違っていたから直すだと!!。昨日は晴と言ったが雨が降ったので書き直したということか。安倍の指示で国家の文書を書き直すぐらいだからいいのか。 もうひとつ、自民党が統一教会と今後手を切るだと!!。こんなことを首相が宣言してどうなる、今後はともかく今迄手を握ってきた事実はどうするのか。今から手を切ればいいという問題ではないのだ。自民党総裁として..という前置きがあったが、これは自民党という組織ぐるみであったことを認める発言である。そういう首相の後援会長はどうなる、ロシアにでも追放するのか?。 ともかく9月は激動の月である、大臣の椅子にふんぞり返ってワイロを受け取っていればいいという時代は終わりだ。 もうひとつ書くならオリンピックの総大将の森であろう。彼の所に集まった金は全て国庫に返納すべき税金である事を自身が知っているはずだ。数百億円あったのなら全て返えしてもらおう。ゼネコンに払いすぎた金も取り上げて庶民の元に返そうでは無いか。すべて終わらない限りオリンピック犯罪は決着しないと思った方がいい。大阪万博も利権の為の大会であるからして、今からでも遅くは無いから中止したい。逮捕される者が出るのも見苦しいし世界の恥だ。


アクセスカウンター