始めに..2009年5月13日に天国に旅立った愛犬のためのお墓を造る事にしました。
やがては自分も入る事になるお墓の横に小さいけれど精一杯の努力をして造りました。


墓地の横の空き地に造る事にして周囲を片付けました。この場所には友人犬モモが眠っています。


大凡の大きさを決めて整地しました、約タタミ一畳(90cmx180cm)の大きさです。
【2009.05.21 工事開始】


以前の工事で余っていた御影石を使って基礎工事をしました。重くて少し動かすのも大変です。


ここまで2日かかりましたが、ほぼ基礎の部分が完成です。水平を出すのが難しい作業です。


周りの石垣の補強と基礎部分のコンクリ打ちをしました。泥だらけになっての作業も充実したものです。


雨に降られながらもベルを吊すポールを立てて小さな燈籠に火を灯すソーラー配線工事をしました。


基礎の上に大型のレンガを積んで見栄えを良くしました。水平を出すのに苦労しました。


基礎の水平を出すために石材カッターで削って調整しました。身体中が真っ白になってしまいました。


土を運んできて入れてボブ用と友人犬モモ用の二つの納骨壺を埋め込みました。


土の上に砂利を敷いて水平を出しています。基礎が上手くできていたのでほぼ水平になりました。


ポールを塗装し周りも整備して何とか形が出来上がりました。ここまで5日間かかりました。


壺の縁と水平になる高さまで砂利の上に真っ白な小石を敷き詰めました。


全面に小石を敷き詰めポールに真鍮製のベルを取付けました。カラーーンといい音がします。
後は石材店に注文してある墓石が出来上がるのを待つだけとなりました。


タイミング良く家に帰ったらクリスタル製の位牌が届いていました。右にあるのは墓に持っていく燈籠です。
位牌を作りたい方は、【ペットの墓石店 アライブ】で製作できます。輝きがあってとてもきれいです。


僕がデザインし注文してあった墓石が四十九日を前にようやく到着しました。思い通りの出来映えでした。
燈籠は近くにある大きな燈籠といっしょにソーラー発電で24時間消えることなく点灯します。


墓石の重さが半端ではなくてやっとの事で横に倒して家族全員で納骨しました。梅雨だけど晴れてくれました。


花を飾って完成しました。南アルプス山麓のこの場所で僕たちが行くまで寂しいけど待っていてねボブ!!。
【2009.07.01 完成しました。】


ボブが亡くなってもうそろそろ1年になります、そこで小さな鯉のぼりをたててやりました。
【2010.04.21日】

このお墓の完成をもって15年間続いたボブの日記はお終いです。お見舞いのメールを戴いたり励ましてくだ
さった皆さま本当に長い間ありがとうございました。また愛犬の近況などメールでお知らせ下さい。
ボブのお父さんにメール。

【メニューに戻る】